スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥かなる時空の中で~八葉抄~ヴォーカルコレクション

2006–05–23 (Tue) 22:53
haruka-vocal.jpg
★★★★★
公式サイト : KOEI
出演 : 三木眞一郎・関智一・高橋直純・宮田幸季・中原茂・
    井上和彦・保志総一郎・石田彰・置鮎龍太郎・川上とも子・
    大谷育江・浅川悠・川村万梨阿

DISC2枚組みです。
DISC1には『遥かなる時空の中で~八葉抄~キャラクターコレクション』に収録された10曲+「永遠(とわ)の桜吹雪をあなたに・・・」(歌/語り・八葉)
DISC2には、「遥か、君のもとへ~・・・」と「遼遠の旅路を行け」がどちらも遥か祭り2005Ver.で収録されています。

では、それぞれのレビューなぞ・・・

★【追憶の森に捧ぐ/源頼久】
  何故か「坂本○一」を思い起こしてしまうような長めのイントロ(わたしだけか?)が明けると、優しく頼久が歌いだします。
コレを読んでくださっている方が聴いた時の楽しみをとってしまわないように
使われてるフレーズなどズバッと書くのはやめておきますが
それはそれは頼久らしい1曲になってるのではないかと思います!
いつも思うのですが、三木さん 歌ってるとナゼにこんなに可愛らしいんでしょうか?
甘いと優しいとちょっとだけ情けないって感じが混ぜっこになってる上に
絶妙なブレスに(※注 吐息歌ではないですよ(笑)

★【瞳と瞳のIgnition/森村天真】
  最初、出だしからなんだかビックリしてました!
思ったよりもかなり激しい出だし!
先の天青龍・頼久の曲が坂本○一を彷彿とさせたなら
この地青龍・天真の曲はラウド○ス(うわぁ~懐かしい~)を薄ボンヤリ思い出させる感じ。
すぐさまカードを確認してみて納得。
ああ・・・影山ヒロノブさんの作曲だったのねぇ~~( ̄∇ ̄)~
天真君の歌なので、歌詞の中には英単語も出てきてて、
遥かのお歌としては 結構耳珍しいかも。
しかし、関さん うまいっ!!
どんなお歌もさすがの歌唱力で歌いきってしまわれますね。
聴いてるコチラは安心の一曲か。

★【炎の涙で泣きじゃくれ/イノリ】
  お待たせしました、イノリいや、直君ファンの皆様っ!!
何も考えずに聴きましょう。
ただひたすら 心地よい直君の歌声とそれにピッタリのとても聴きやすいメロディラインの歌です。
Aメロ→Bメロ→サビとホントにすんなりと耳に入ってくるような
きっとカラオケでも楽しく歌えるんだろうなぁ~というような曲です!

★【ミルフィーユ・ドリーム/流山詩紋】
  最初聴いたときには・・・ビックリしました、これも。
「えっ? お菓子の歌なの??? 遥かでしょ???」なんて( ̄m ̄*)ププッ
でもね、この曲を歌える成人男性はもう宮田さん以外にはいないでしょ!!
曲自体もタイトルどおり可愛らしくてソフトな歌詞になってるのですが
宮田さんの声が・・・ホントに柔らかくて軟らかくて・・・
フワッとリラックスできる1曲ですよ♪

★【風待ち月に吹く風は/藤原鷹通】
  これはもう、中原氏 アコギ一本で歌ってくれっ!!って感じの曲です。
(ああ・・・遥か祭りの中ではアコギで歌われたんでしたっけ?)
曲調としては わたしにはすごく馴染み易く懐かしい感じのものでした。
だって・・・浜○省吾だもん、コレ(^_^)
盛り上げたな、と思う次にはメロディアスなラインがやってきたりして。
中原氏には これくらいのメリハリの曲がピッタリだと思います。
是非アコギでっ!!(←しつこいです☆)

★【緋色の涙の女よ/橘友雅】
  嗚呼・・・友雅様だよ・・・帰っていらしたよ・・・(*mm)
このお色気路線にわたしはいつでもヤられるのよね。
もうね、イントロから夢の世界、いや桃源郷にいざなわれる感じで・・・
そして当然のように歌いだされるわけで・・・友雅様が・・・いや、和彦様が(*/∇\*)
全体的には ムード歌謡(スゴイ古い言葉だな(-_-;))なんだけど
リズムパートがほどよく効いてていいですっ!!
そしてもう、瞳を閉じれば少し斜めに立ってこの曲に合わせる様に
ユラユラ揺れながら歌ってらっしゃる和彦様が見えるようです。
いやぁ~、もう何だか久しぶりに聴く友雅様に(翡翠さんでも景時さんでもなく)
クラクラしてしまう1曲でございます。
そして、ココだけゴメンなさいネタバレ。
最後の「しもべになろう 君の」 この一言で3日くらい死ねます

★【儚さと強さのあいだで・・・/永泉】
  嗚呼・・・もうタイトルから「永泉様」ですね(;= =)
曲調自体も他の方々の曲に比べると抑揚に欠けるといいますか、
全体的に穏やかといいましょうか・・・
でも、こんな感じの曲を他の方が歌われたら、
きっと聴いてるコチラはタイクツしてしまうんじゃないかな、なんて思うんですが
この保志さんに限っては、こんな曲調が一番グッとくるとでもいうんでしょうか?
それは、永泉さまと言うキャラがそうさせるのか・・・
このじれったい感じがたまらなく萌え♡なんですよね(-_-;)
最近、そんな天玄武のファンの気持ちもちょびっとだけわかってきた気がいたします・・・

★【翳りの封印-HACHIYO-SHO Ver./安倍泰明】
  この曲・・・過去泰明さんが歌われた最初で最後のアノ曲の別バージョンですよね。
何だか、別バージョン(と言っても当時に録ってあったもので新録ではないんでしょうが)でも
こうやってまた泰明さんの歌が聴けるのは・・・うれしいのかな?
このバージョンよりも やはり以前のものに入ってた方のが
テンポもメリハリもいいと思うのですが・・・
泰明さん、何で歌ってくれないんだーーーーっ!!!o(T□T)o
と、こういう風に中途半端に聴かされると更に思ってしまいます。
でも・・・いつものようにみんなが歌ってる中『語り参加』でも同じように思ってるんですけどね(-_-;)

★【氷炎の薔薇の不幸/シリン】
  今回のこのヴォーカルコレクションの中で
わたしの一押しの曲はもしかしたらこの曲かもしれないですっ!!
(いや・・・友雅様のも素晴らしかったんですけど・・・)
でも、このシリンの曲 全体的な雰囲気も素晴らしいことこの上ないし
おまけにまたシリン役の川村万梨阿さん、何で今まで歌ってなかったんだ?って思うくらいシリンなんです~~(←日本語ヘンだよ・・・)
この曲、Bメロが素晴らしいですっ!!
もちろん サビの部分にもインパクトがある歌詞が使われてて素敵なんですが、
(歌詞はもう・・・ホントに泣けます、ホロっと(T_T)
ソコへ持っていくBメロの出来がこの曲の雰囲気を左右してるとわたしは思いますっ!!
もうね、この曲聴いてると「たまには優しい言葉のひとつもかけてやれやっ!アクラムっっっ!!」と
思いっきりシリンの肩を持ちたくなってしまうわけです。
ついでに言わせていただくなら『遥か祭りDVD』での川村さんのこの曲歌ってたシリン、
ホントに素敵でした、八葉クワレテタ人いたと思うよ♪
いやぁ~、ホントに素晴らしいですよ、の1曲っ!!

★【終の刻に抱くもの/アクラム】
さぁ、お館様のご登場です。
しかし、コレはアクラムが悪いわけでも ましてや置鮎さんが悪いわけでも全くないのですが、
シリンのアノ歌の後にコレが始まるとですね・・・
何ともやるせない気分にさせられてしまうのです。
歌ってらっしゃる歌詞はそれなりに せつない系だとは思うのですが
その曲調は結構アップテンポなもので・・・
ああ~置鮎さんの歌声も素晴らしく素敵なのにぃぃぃ~~~っ!!!
わたしの場合、シリンの熱唱のおかげ(?)で聞き流す程度にとどまっております、この歌は(-_-;)

★【永遠の桜吹雪をあなたに・・・/八葉】
  この曲、八葉全員で交代に歌っていくという・・・
ネオロマンス方式の曲ですな( ̄ー ̄)ニヤリ
1人ずつ歌っていくところから全員で、というように
タイヘン盛り上がる曲かなと思います。
別にみんなで歌ってても パート分けされてるわけでもないのに
綺麗に声が重なってて・・・感動です♪

そして、ここでも・・・友雅様パートの歌詞が・・・
「この両手 君だけの花籠に けして枯れない花よ」クリティカルヒット( ̄ii ̄)

あ、泰明さん いつもどおり『語り参加』です

DISC2の2曲の方は 遥か祭りのライヴバージョンでの収録ですので
会場の盛り上がりや やっぱり八葉っていいなというのが
ビシバシと伝わってきます!!
DVDとあわせてご覧になると その時の様子なども仔細にわかって楽しいですよ(^_^)

長いれびゅにつきあってくださってありがとーーーっ!!

スポンサーサイト

薔薇ラビリンス

2006–05–23 (Tue) 21:21
fullkiss-bararavi.jpg
★★★★★
公式サイト : CAPCOM
出演 : ラ・プリンス(荻原秀樹・佐々木望・櫻井孝宏・成瀬誠)

『フルハウスキス』のラ・プリンス4人が歌うお歌CDです。
一番最初、このタイトルを聞いたときには
鳥肌が立つくらい寒ぅ~いモノを覚えました(笑)
【薔薇ラビリンス】・・・薔薇とラビリンスってどーよ?って( ̄m ̄*)ププッ
しかし、しかしっ!! 今までの経験上から言っても
この手のお歌は最初に聴いてるコッチが赤面するくらいに
恥かしいモノの方が結局は無意識に口ずさむまでのお気に入りになるのです( ̄^ ̄)V
そういう点では、この【薔薇ラビリンス】も間違いなくその方程式にピッタリと当てはまったのです。

このCD、収録されてる楽曲は【薔薇ラビリンス】の1曲のみっ!!
その曲調は懐かしい少年隊の「仮面舞踏会」を思い起こさせるような感じ(*/∇\*)
それを 『ラ・プリンスVer.』 『御堂一哉(CV荻原秀樹Ver.)』
『松川伊織(CV佐々木望Ver.)』 『羽倉麻生(CV櫻井孝宏Ver.)』
『一宮瀬伊(CV成瀬誠Ver.)』 『Instrumental』と
同じ曲を6回も聴かされるわけです・・・
それってどーよ? そんなにいっぱいいらんのんとちゃうん・・・(-_-;)
なんて思っていたのは 浅はかなワタシ。
聴きだすと、最後のカラオケVer.までキッチリと聴いてしまいます。
カラオケにはカラオケの楽しみがあるんですな、このCD。
他のCDにもカラオケが最後に入ってるのって最近多いですよね。
でも、そんなのは決してカラオケを聴くことはないんですが・・・このCDだけは別モノ!!

ナゼか・・・( ̄ー ̄)ニヤリ
この【薔薇ラビリンス】って曲、聴いたことがある方ならご存知のはずですが、
素晴らしい『吐息』がたくさん入ってるんですよねぇ~~
『アッ』とか『ウッ』とか『あ~』とか・・・
こう書くと何だかマヌケに聞こえてしまいますが(-_-;)
それはもう素晴らしい吐息な訳です(*mm)
VOCALが入ってるVer.でもバッチリと聞こえてくるのですが
カラオケだと・・・ひたすらソレだけが聞こえてきます(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
もう、堪りませんっ!!
特に『伊織』君の吐息など・・・○○直撃って感じで聴いてからしばらくは再起不能に陥ります(*/∇\*)

学園ヘヴンヴォーカルアルバム~SONG!MVP~

2006–05–23 (Tue) 20:55
heaven-vocal.jpg★★★★☆
公式サイト : Spray
出演 : 福山潤・小西克幸・神谷浩史・櫻井孝宏・森川智之・
    坪井智浩・三木眞一郎・置鮎龍太郎・野島裕史・
    鈴村健一・川上とも子

一言でいうと・・・『おもしろい』です。 お歌CDなのに(-_-;)

まず1曲目に耳に飛び込んでくる【BL学園 (ベルリバティスクール)校歌】!!
この歌、耳につきます、そして気をつけないと知らず知らずに口ずさんでしまいます( ̄m ̄*)ププッ
この校歌はオールキャストで歌われています。
後はデュエットの方、ソロの方とそれぞれです。
さすがキャラソンっ!と思わせるくらい それぞれのキャラに合ってます。
七条さんと西園寺さんのデュエット、ほとんど七条さんのソロと言っても
過言ではない感じですが、ところどころに入る西園寺さんの声(歌声?)にクラッときます(*mm)
中嶋様のソロは・・・シーツの皺がどうとか( ̄m ̄*)ププッ
岩井さんと篠宮さんのデュエットもじっくり聴いてると
ジワジワと笑いがこみ上げます。
いつもお世話してるつもりの篠宮さん・・・実は岩井さんに引っ張られ気味だったのね、とか。
しかし! やはり何と言ってもココはあの方でしょうっ!!
こっ恥かしいことをひとかけらの恥かし気もなくやり遂げるオトコ・・・
そう、成瀬さんです・・・(;= =)
カレの歌は、もう耳にする価値大アリですっ!!

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

★オススメ★


amazon検索

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。