スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るるちぇっく・れびゅの手引き

2008–05–23 (Fri) 23:32
*** 続きを読むでご覧ください<(_ _*)> ***


続きを読む ⇒

スポンサーサイト

遥かなる時空の中で~八葉抄~ヴォーカルコレクション

2006–05–23 (Tue) 22:53
haruka-vocal.jpg
★★★★★
公式サイト : KOEI
出演 : 三木眞一郎・関智一・高橋直純・宮田幸季・中原茂・
    井上和彦・保志総一郎・石田彰・置鮎龍太郎・川上とも子・
    大谷育江・浅川悠・川村万梨阿

DISC2枚組みです。
DISC1には『遥かなる時空の中で~八葉抄~キャラクターコレクション』に収録された10曲+「永遠(とわ)の桜吹雪をあなたに・・・」(歌/語り・八葉)
DISC2には、「遥か、君のもとへ~・・・」と「遼遠の旅路を行け」がどちらも遥か祭り2005Ver.で収録されています。

では、それぞれのレビューなぞ・・・

★【追憶の森に捧ぐ/源頼久】
  何故か「坂本○一」を思い起こしてしまうような長めのイントロ(わたしだけか?)が明けると、優しく頼久が歌いだします。
コレを読んでくださっている方が聴いた時の楽しみをとってしまわないように
使われてるフレーズなどズバッと書くのはやめておきますが
それはそれは頼久らしい1曲になってるのではないかと思います!
いつも思うのですが、三木さん 歌ってるとナゼにこんなに可愛らしいんでしょうか?
甘いと優しいとちょっとだけ情けないって感じが混ぜっこになってる上に
絶妙なブレスに(※注 吐息歌ではないですよ(笑)

★【瞳と瞳のIgnition/森村天真】
  最初、出だしからなんだかビックリしてました!
思ったよりもかなり激しい出だし!
先の天青龍・頼久の曲が坂本○一を彷彿とさせたなら
この地青龍・天真の曲はラウド○ス(うわぁ~懐かしい~)を薄ボンヤリ思い出させる感じ。
すぐさまカードを確認してみて納得。
ああ・・・影山ヒロノブさんの作曲だったのねぇ~~( ̄∇ ̄)~
天真君の歌なので、歌詞の中には英単語も出てきてて、
遥かのお歌としては 結構耳珍しいかも。
しかし、関さん うまいっ!!
どんなお歌もさすがの歌唱力で歌いきってしまわれますね。
聴いてるコチラは安心の一曲か。

★【炎の涙で泣きじゃくれ/イノリ】
  お待たせしました、イノリいや、直君ファンの皆様っ!!
何も考えずに聴きましょう。
ただひたすら 心地よい直君の歌声とそれにピッタリのとても聴きやすいメロディラインの歌です。
Aメロ→Bメロ→サビとホントにすんなりと耳に入ってくるような
きっとカラオケでも楽しく歌えるんだろうなぁ~というような曲です!

★【ミルフィーユ・ドリーム/流山詩紋】
  最初聴いたときには・・・ビックリしました、これも。
「えっ? お菓子の歌なの??? 遥かでしょ???」なんて( ̄m ̄*)ププッ
でもね、この曲を歌える成人男性はもう宮田さん以外にはいないでしょ!!
曲自体もタイトルどおり可愛らしくてソフトな歌詞になってるのですが
宮田さんの声が・・・ホントに柔らかくて軟らかくて・・・
フワッとリラックスできる1曲ですよ♪

★【風待ち月に吹く風は/藤原鷹通】
  これはもう、中原氏 アコギ一本で歌ってくれっ!!って感じの曲です。
(ああ・・・遥か祭りの中ではアコギで歌われたんでしたっけ?)
曲調としては わたしにはすごく馴染み易く懐かしい感じのものでした。
だって・・・浜○省吾だもん、コレ(^_^)
盛り上げたな、と思う次にはメロディアスなラインがやってきたりして。
中原氏には これくらいのメリハリの曲がピッタリだと思います。
是非アコギでっ!!(←しつこいです☆)

★【緋色の涙の女よ/橘友雅】
  嗚呼・・・友雅様だよ・・・帰っていらしたよ・・・(*mm)
このお色気路線にわたしはいつでもヤられるのよね。
もうね、イントロから夢の世界、いや桃源郷にいざなわれる感じで・・・
そして当然のように歌いだされるわけで・・・友雅様が・・・いや、和彦様が(*/∇\*)
全体的には ムード歌謡(スゴイ古い言葉だな(-_-;))なんだけど
リズムパートがほどよく効いてていいですっ!!
そしてもう、瞳を閉じれば少し斜めに立ってこの曲に合わせる様に
ユラユラ揺れながら歌ってらっしゃる和彦様が見えるようです。
いやぁ~、もう何だか久しぶりに聴く友雅様に(翡翠さんでも景時さんでもなく)
クラクラしてしまう1曲でございます。
そして、ココだけゴメンなさいネタバレ。
最後の「しもべになろう 君の」 この一言で3日くらい死ねます

★【儚さと強さのあいだで・・・/永泉】
  嗚呼・・・もうタイトルから「永泉様」ですね(;= =)
曲調自体も他の方々の曲に比べると抑揚に欠けるといいますか、
全体的に穏やかといいましょうか・・・
でも、こんな感じの曲を他の方が歌われたら、
きっと聴いてるコチラはタイクツしてしまうんじゃないかな、なんて思うんですが
この保志さんに限っては、こんな曲調が一番グッとくるとでもいうんでしょうか?
それは、永泉さまと言うキャラがそうさせるのか・・・
このじれったい感じがたまらなく萌え♡なんですよね(-_-;)
最近、そんな天玄武のファンの気持ちもちょびっとだけわかってきた気がいたします・・・

★【翳りの封印-HACHIYO-SHO Ver./安倍泰明】
  この曲・・・過去泰明さんが歌われた最初で最後のアノ曲の別バージョンですよね。
何だか、別バージョン(と言っても当時に録ってあったもので新録ではないんでしょうが)でも
こうやってまた泰明さんの歌が聴けるのは・・・うれしいのかな?
このバージョンよりも やはり以前のものに入ってた方のが
テンポもメリハリもいいと思うのですが・・・
泰明さん、何で歌ってくれないんだーーーーっ!!!o(T□T)o
と、こういう風に中途半端に聴かされると更に思ってしまいます。
でも・・・いつものようにみんなが歌ってる中『語り参加』でも同じように思ってるんですけどね(-_-;)

★【氷炎の薔薇の不幸/シリン】
  今回のこのヴォーカルコレクションの中で
わたしの一押しの曲はもしかしたらこの曲かもしれないですっ!!
(いや・・・友雅様のも素晴らしかったんですけど・・・)
でも、このシリンの曲 全体的な雰囲気も素晴らしいことこの上ないし
おまけにまたシリン役の川村万梨阿さん、何で今まで歌ってなかったんだ?って思うくらいシリンなんです~~(←日本語ヘンだよ・・・)
この曲、Bメロが素晴らしいですっ!!
もちろん サビの部分にもインパクトがある歌詞が使われてて素敵なんですが、
(歌詞はもう・・・ホントに泣けます、ホロっと(T_T)
ソコへ持っていくBメロの出来がこの曲の雰囲気を左右してるとわたしは思いますっ!!
もうね、この曲聴いてると「たまには優しい言葉のひとつもかけてやれやっ!アクラムっっっ!!」と
思いっきりシリンの肩を持ちたくなってしまうわけです。
ついでに言わせていただくなら『遥か祭りDVD』での川村さんのこの曲歌ってたシリン、
ホントに素敵でした、八葉クワレテタ人いたと思うよ♪
いやぁ~、ホントに素晴らしいですよ、の1曲っ!!

★【終の刻に抱くもの/アクラム】
さぁ、お館様のご登場です。
しかし、コレはアクラムが悪いわけでも ましてや置鮎さんが悪いわけでも全くないのですが、
シリンのアノ歌の後にコレが始まるとですね・・・
何ともやるせない気分にさせられてしまうのです。
歌ってらっしゃる歌詞はそれなりに せつない系だとは思うのですが
その曲調は結構アップテンポなもので・・・
ああ~置鮎さんの歌声も素晴らしく素敵なのにぃぃぃ~~~っ!!!
わたしの場合、シリンの熱唱のおかげ(?)で聞き流す程度にとどまっております、この歌は(-_-;)

★【永遠の桜吹雪をあなたに・・・/八葉】
  この曲、八葉全員で交代に歌っていくという・・・
ネオロマンス方式の曲ですな( ̄ー ̄)ニヤリ
1人ずつ歌っていくところから全員で、というように
タイヘン盛り上がる曲かなと思います。
別にみんなで歌ってても パート分けされてるわけでもないのに
綺麗に声が重なってて・・・感動です♪

そして、ここでも・・・友雅様パートの歌詞が・・・
「この両手 君だけの花籠に けして枯れない花よ」クリティカルヒット( ̄ii ̄)

あ、泰明さん いつもどおり『語り参加』です

DISC2の2曲の方は 遥か祭りのライヴバージョンでの収録ですので
会場の盛り上がりや やっぱり八葉っていいなというのが
ビシバシと伝わってきます!!
DVDとあわせてご覧になると その時の様子なども仔細にわかって楽しいですよ(^_^)

長いれびゅにつきあってくださってありがとーーーっ!!

ぼくらの恋愛心理学 fan's disc

2006–05–23 (Tue) 22:41
no-image.jpg
★★★★★
公式サイト : アイン
出演 : マイケル田中・請一郎・一条和矢・緑川光・プログレス・
    眞嶋リョウ・増谷康紀・嶋野裕・上別府仁資・鈴木千尋

『birdie』と『カフェ・リンドバーグ』のファンディスクです。
ファンディスクと言っても 登場人物も多いですし
メインのミニゲームのついたショートストーリも
シナリオの数が20本とかなりのボリュームです(^_^)
中には 本ゲーム時にはなかった意外なカップリングも見られたりして
わたしなど「えっ!こんなCP作っちゃったの?」なんて
思いながらやってしまいました。

もちろん、アインさんのゲームですので視線選択型で進めていけます。
ということで、20本のシナリオと言ってもCP2人のそれぞれの側から
シナリオを見ることができますので2倍お得感があります♪
中には両側から見ると補足的にそのストーリーの登場人物からも
みられるオマケシナリオが出現するものもありました。

またシナリオ中のミニゲームなんですが、
『ラブラブスライド』とかいういかにもエロエロしい名前のパズルゲームです。
キャラクターのお顔が描かれたブロックを並べて消して行くという
ぷよ○よにも似たゲームですが、こんなもんで萌えられるかっ!!と思うことなかれっ!!!
このパズルゲーム、同じキャラ絵同士を並べると消せてキャラが一言しゃべるんですが、
進行してるシナリオのCP2人でも消えてくれるんですね。
その消えざまに残して行く一言が・・・

(時間切れにより続く・・・すみません~)

カフェ・リンドバーグ~ぼくらの恋愛心理学2~ 恋のレシピ

2006–05–23 (Tue) 22:36
cafe_cd.jpg
★★★★☆
公式サイト : アイン
出演 : マイケル田中・請一郎・一条和矢・緑川光・プログレス・
    眞嶋リョウ・増谷康紀

2枚組みのドラマCDです。
それぞれのお話には可愛らしいスウィーツの名前がついてますが、
中身は・・・そんな・・・なんたって【アイン】さんですから( ̄m ̄*)ププッ
もちろん全編ヘッドホン推奨です♡
でも、それぞれのCPはタイトルのお菓子のように甘~いです♡

この『カフェ・リンドバーグ』、ゲームもそうなんですが
このCDも聴けば聴くほど キャラみんなが好きになります。
最初はちょっと苦手かなぁ~なんて思ってた榛名君なんかも
この子はこんなだけどホントはさ・・・なんて可愛くなってきたり。
いや、それにも増して可愛いのが桐野さんだと・・・( ̄ー ̄)ニヤリ
まったく歳だけくってても不器用なんだからぁ~♡などと
あらぬ方向に母性本能をくすぐられます(-_-;)

ゲームでハマッた方は是非聴いて損はないCDだと思います!!

では、ナゼ★★★★☆なのか・・・
実はわたし司×拓実が好きなんですよねぇ~。
このCDにはこのCPは入ってなかったんですよね。
(あ、逆はありますよ♪)ということでした(〃∇〃)
それでも大好きなCDなんですが・・・


* 画像は『アイン』様より許可を得て掲載させていただいています。*

カフェ・リンドバーグ ~ぼくらの恋愛心理学2~

2006–05–23 (Tue) 22:32
caferin.jpg
★★★★★
公式サイト : アイン
出演 : マイケル田中・請一郎・一条和矢・緑川光・プログレス・眞嶋リョウ
     増谷康紀

最初、その立ち絵を見たときに「・・・なんて皆さんお顔の色が悪いんだろう・・・
もしかして、肝臓悪い?」なんて感想を持ってました。
お顔の色が悪いからか『カフェ』という いかにも明るく爽やかな場所が舞台なのに
キャラが何となくどよぉぉぉ~んとして見えてしまって・・・(-_-;)

パテシィエの拓実君とギャルソンの篠原君、一之瀬君は、それでもまぁいいとして、
マスターの桐野さんの立ち絵なんてどこからどう見てもアヤシイっ!!
どう斜めから見ても 陽光が燦燦と降り注ぐテラス席が自慢のカフェのマスターとは思えない(;= =)
おまけに普通に立ってるだけど唇の端を片方だけ上げて笑ってる・・・コワ過ぎる(ーー;)

それにも増してわたしを驚かせたモノ!
それは、ギャルソンの高見沢さんだ。
カレの何がわたしをそんなに驚愕のフチに追い込んだか・・・笑顔です(-_-;)
立ち絵の彼の表情が笑顔になった途端・・・別の新しいギャルソンさんが出てきたんだと真剣に思いました。
そのくらい同一人物とはわたしには思えないような立ち絵が・・・(-_-;)


そんな感想を抱きながらプレイを始めたので「コレ、最後までやれるかなぁ~」なんて思ってました。
おまけに前出の『birdie』と同じく視点選択式で進めていくんですが、わたしは『カフェリン』の方を先にやったので
コレが初めての視点選択式との遭遇となりまして・・・
どーやるんぢゃいっ!!てな具合に荒れておりました(-_-;)

しかし、それにも慣れてきてストーリーもどんどん進んで行くと
スチルが見せてもらえるようになりますね。
このスチルがっ!! なんでスチルはこうなのに、立ち絵はアレなんぢゃっ!!o(T□T)o
と思わず吠えたくなるくらいに綺麗なんです~♪
高見沢さんなんて設定では『美人さん(いや、男性ですが)』ってなってるけど
立ち絵を見るだけぢゃ到底信じがたかったんですが・・・
このスチルを見てわたしは「うっわぁ~~~」となりました。
それくらいどのスチルも綺麗です!!

内容は『カフェ・リンドバーグ』というお店を舞台に展開されます。
このカフェに篠原智裕君がバイトに入るところから物語りは始まります。
どこか影のあるマスター、明るく面倒見のいいパテシィエ、
物静かで美人だけどどこか自信なさ気なギャルソン、そして口数は少なく不器用だけどマジメなアルバイトの5人のキャラ。
このゲームの素敵なところは総当りなんですよっ!奥さんっっ!!
何がって? カップリングに決まってるぢゃないですかっ!!(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
おまけに総受け、総攻めキャラはいないんです~。
カップリングによっては シナリオの進め方で受け攻めが逆転してしまうというおいしいCPも(*mm)
わたしは初めて桐野さんがお受けになってるシーンに遭遇したときに
恐怖にも似た感動を覚えました(-_-;)
コレは某K様も同じだったようで携帯でメールが来ました。
「わたし、今オヤヂをヤッちゃいました・・・(T▽T)」と( ̄m ̄*)ププッ

それからら・・・もちろんですが18禁ですので、そういったシーンはスゴイですっ!!
『birdie』にしてもそうでしたけど、【アイン】さんの18禁シーンは・・・ものすごいですっ!!
もう・・・絶対にヘッドホン付きでプレイされることをオススメします!
しかし、見応え聴き応えと言う点では【アイン】さんの18禁シーンを越えるものをわたしは未だ知りません。
声優さんも有名どころさんばかりなのでそれも納得できますね。
まだ未体験のアナタ! 
さぁ『聴かせる』18禁シーンをどうぞ<(_ _*)>

そして、メインシナリオは10ルート、それぞれのシナリオには複数のエンディングが用意されています。
またオマケルートなどもありますので ほんとに長く楽しめます♪

最初は「これ・・・おもしろいのかな?」なんて
かなりの疑心暗鬼で始めたゲームだったんですけど、
もう1シナリオの1エンディングを見た時点で
この「評価の★★★★★」は決まってたようなものでした。
それくらい大好きなゲームですっ!!

birdie ~ぼくらの恋愛心理学~ another step

2006–05–23 (Tue) 22:28
birdie_cd.gif
★★★★☆
公式サイト : アイン
出演 : 請一郎・嶋野裕・眞嶋リョウ・増谷康紀・一条和矢・上別府仁資
    鈴木千尋

販売は終了しています。

全編ですっ!! ヘッドホンは絶対にいります( ̄^ ̄)V
2枚組みのドラマCDでそれぞれ2つずつのEpisodeが入っています。
内容はゲームのエンディングその後・・・っていう感じですが
なんと言ってもゲームのエンディングの種類が多かったので
ご希望のCP、ご希望のエンディング後のドラマが入ってるかは賭けかな?

ゲームでは、暗いエンディングを迎えてしまって
ハッピーエンドが好きなわたしとしては(あくまでもワタシとしてはね)
終わってからちょっぴりダーク気味になってしまったストーリーもあったのですが、
このCDで癒されました~。
一例を挙げると、和也君によって監禁エンドを迎えてしまった葉君・・・
このエンディングの「その後」のドラマが入ってます。
あのままでは何だか自分的には哀しすぎたので
和也君にも葉君にも、ちょっとムリヤリ感はあるものの
丸く治めてもらって、それだけでもこのCD聴いてよかったです~(T▽T)

それに、このCD聴いて『椿さんって・・・いい人やん(/_;)クスン』なんて
どのEpisode聴いても思ってしまったわたしは・・・ダマされてますか?カレに( ̄m ̄*)ププッ
でも、ゲーム中では結構苦手だったんですよ、椿さん。
「ダメダメ、椿さん、そんなことしちゃっ!!」とか
「そんなこと言っちゃイヤーーーーーっっっ!!!」なんて
パソ前でココロの声はヒジョーにウルサイことになってたんですが・・・
このCD聴いて 椿さん大好きになりました

冒頭にも書いたように もうこのCDは販売終了されてて
普通には手に入れることはできないみたいです・・・残念ですね。

* 画像は『アイン』様より許可を得て掲載させていただいています。*

birdie ~ぼくらの恋愛心理学~

2006–05–23 (Tue) 22:23
birdie.jpg
★★★★☆
公式サイト : アイン
出演 : 請一郎・嶋野裕・眞嶋リョウ・増谷康紀・一条和矢・上別府仁資
    鈴木千尋


ええ、そりゃもう立派な18禁ゲームでございました。
この可愛い男の子たちが描かれている爽やかなパッケージを見た後に
そのパッケージの中であのようにコユイ展開が待っているとはっ!!(@@;)

お話は『birdie』というトップアイドルグループの3人を中心に
そのマネージャーさんや同事務所所属のタレントさんなどとの交流(アレは「交流」なのか?・・・まぁ・・・いいか)を
視点選択=自分で主人公を決めながら進めていくゲームです。
ダレかと恋愛をするもよし、友情を育むもよしと
エンディングもとにかく多種多様です!
わたし、結構やってるはずなんですが・・・いったいいくつのエンディングがあるんだ?!と
まだコンプリートには程遠い感じです(-_-;)

この視点選択式っていうの、やり始めた頃にはややこしいな・・・なんて思ってたんですが
慣れてしまえばすごくおもしろいです!
同じ場面をいろんな人になって多角度から見られるんです。
なので同じルートを通ってみても やるたびに違う人の視線を選んでいけば
かなり新鮮にゲームを進めていけちゃいますっ!

そして・・・肝心のゲームの中身なのですが・・・
まずは声優さんに脱帽いたしました。
プロってスゴイ(;= =) などとホンキで思いました(笑)
もうこのゲームをやるときには絶対にヘッドホンが必需品ですっ!!
わたし、いつもは大概ヘッドホンなんて使用しないのですが、
このゲームは・・・家の中が無人であっても もしや、洩れ聞こえているのでは?と
近所の目(いや、耳か?)まで気になりました(*mm)
ということで、『エロエロ度』はかなりお高い一品です(←ナゼここでを使うっ!!)

登場人物はbirdieの3人は わたし的には設定年齢よりも若く感じられたのですが
それぞれにトラウマを持っていて そこにストーリーが絡んでいきます。
視点選択式でみんながダレでも主人公になれるので
恋愛の対象もいつも一緒にいる仲間から父性をバシバシ感じさせられる
ベテランマネージャーさんまでと幅広いです!!
いったいいくつあるのか未だにわからないエンディングも
純愛ルートや友情ルートから なんと監禁鬼畜ルートまで
そりゃもういろいろ出てきます( ̄ー ̄)ニヤリ
中には結構ヘビィな感じのエンディングもあるかも・・・

アイドルグループとか芸能界好きって方には 特においしいゲームかと思います。
ちなみに、登場人物の中でワタクシの一番のお気に入りは・・・
BARのマスターでした・・・願わくばカレも攻略対象に入れて欲しかったです~o(T□T)o

フルハウスキスドラマCD~俺たちの始まり~

2006–05–23 (Tue) 22:17
fullkiss-d-hajimari.jpg
★★★★★
公式サイト : CAPCOM
出演 : 荻原秀樹・佐々木望・櫻井孝宏・成瀬誠

ああ・・・この一連の「フルハウスキス」関連の★評価を見て、
ワタシは「フルハウスキス」に甘いのか?と自問してしまいそうですが・・・(-_-;)
だって、好きなんだしおもしろいんだからしょうがないじゃなぁ~い

この「フルハウスキス」初のドラマCDは、御堂一哉君の家に
伊織君、麻生君、瀬伊君がそれぞれ同居してくるいきさつが収録されています。
ほぉ~、あの一哉君のお家はもともとそういう縁があったのね、とか
瀬伊君・・・知ってたけど、あなたってかなり強引で怖いもの知らずね♪
なんてことがよくわかります( ̄m ̄*)ププッ
ゲーム中では語られてなかったことなので 不思議に思ってた同居のいきさつがわかってスッキリ!
麦ちゃん来るまでホントにタイヘンだったわね・・・麻生君(TT)
その後CDでは 一哉君が麦ちゃんを雇って彼女が働き始める頃までが入ってます。

中ではやっぱり麻生君が可愛らしくておもしろいかな。
麻生君と瀬伊君がゲーム中に出てきた「ナマコカレー」を
作るなんていう場面もありますよ

CDのタイトルにも『俺たちの始まり』とあるように
ココから全てが始まってるので フルキス好きの方は
買ってみて損はないかな、と思います(^_^)

星影夜想曲(ノクターン)

2006–05–23 (Tue) 22:10
fullkiss-hoshikage.jpg
★★★★★
公式サイト : CAPCOM
出演 : 一宮瀬伊 (CV成瀬誠)

星影夜想曲(ノクターン)とカラオケ、それにモノローグ1.2.3が入っています。

瀬伊君の曲は、イントロから何となく幻想的でアヤシイ・・・
そういう雰囲気も瀬伊君にピッタリです!
そんなイントロを聴いていると、歌が始まるわけですが。
もう、始まった途端にニヘラ~と笑いながら脱力してしまうほどの
エンジェルボイスついでに
男性にしては高めの少し鼻にかかったようなSWEETな声が堪りません(*mm)
決して可愛いだけじゃない、ちょびっとだけ黒いところも見え隠れする、
これぞ正にワタクシの中の「エンジェルボイス」の定義にドンピシャ!!
ああ・・・素敵
なんてことばっかり言ってずに、肝心の曲の方はというと、
最初はかなりスローテンポで始まりますがバックに結構しっかりと
リズムが入ってますので小気味いい感じです。
サビの部分ではテンポがUPしますので 全体的にはスローな印象なんですが
ダラ~~とした感じは受けず、良く出来た曲だと思います。

さて、モノローグの方ですが
瀬伊君はゲームの中でも優しくてとっつき安い部分と
かなりの毒を持ったイジワルな部分が混ざってるような感じがしてましたが
このモノローグでもそれが十分に発揮されています!
瀬伊君がお好きな方にはこれまた堪らない「ココロの中」を語ってくれます(笑)

熱情DISTANCE

2006–05–23 (Tue) 22:06
fullkiss-gyonetsu.jpg
★★★★★
公式サイト : CAPCOM
出演 : 羽倉麻生 (CV櫻井孝宏)


熱情DISTANCEとカラオケ、それにモノローグ1.2.3が入っています。

麻生君の【熱情DISTANCE】は熱情とつくだけあって
出だしから結構ハード風。
麻生君っていうキャラが4人の中で1人だけワイルド系だっていうのもあるんでしょうが。
その曲調に麻生役の櫻井孝宏さんの甘ぁ~い歌声が乗っかっててシビレます!(←既に死語か?)
ゲームの中の麻生君とは離れず、少しだけセクシーさが加味されたような感じになってます。
うっとりと聴いてるといきなり他の誰よりも大きな音量で
誘惑の吐息が入ってきます。
わたしは「おおっ!・・・」って感じでかなりビックリしました(笑)
おまけに、おまけにですよ!奥さんっ!!
曲のラストには「ちゅっ」っていうお宝が耳に届きます(*/∇\*)
櫻井さんファンの某G様は、このお宝を聴いて「軽ぅ~く死んだ」そうです( ̄m ̄*)ププッ

モノローグの方は、麻生君ですねぇ~って感じです(←どんな感じやねん?と自分で突っ込んでみる)
ゲームをやってる時、この麻生君は言動も乱暴に思えたし
いつも怒ってるしで わたしは苦手だなぁ~なんて思ってたんです。
ところが・・・麻生君ルートに乗っかってラヴラヴが進んでいくに連れて
どんどん可愛らしくなってくるんですよぉ~
結局エンディングまで見終わって「可愛い」って思ったのは4人の中で麻生君が一番だったかも( ̄ー ̄)ニヤリ
そんなカレが欲望と闘う可愛い姿が垣間見られます。

 | HOME |  次へ »

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

★オススメ★


amazon検索

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。